2020.03.10

成年後見も家族信託も、一緒に使えば便利です!!


ご家族の方が最近物忘れが多くなったり、同じことを何回も話したりしていて

不安に思っていませんか?

もし認知症になってしまったら、日常生活の不都合に加えて、

「本人の財産管理ができなくなる」という災厄が降りかかってしまいます。

2025年には認知症患者は700万人にのぼるとも言われています。

手遅れにならないうちに、少しでも異変に気付いたら対策を打つべきです。

財産・法律面の認知症対策は

認知症対策としては成年後見や家族信託といった制度があります。

そんな中、「成年後見と家族信託はどちらがいいの?」というご相談を良くお受けします。

多くの方が、どちらかを選ばなくてはいけないと思われてしまうようですが、

実はそんな事はありません。

今回はその点について、両制度のメリットやデメリットも踏まえ、解説します!

法定後見

一口に後見と言っても2種類あります。

その一つが法定後見です。

法定後見とは、判断能力の衰えたご本人、又はそのご家族等が家庭裁判所に申し立てて、

家庭裁判所がご本人の支援者を選任する制度です。

なお、既に認知症になってしまっている方は、この制度を使うより他はありません。

この制度ですが、実は人気がありません。

実際、認知症患者数は平成30年に600万人を超えているという推計もありますが、

そのうち法定後見の利用者数は21.5万人です。

つまり、90%以上の人が、後見制度を「利用していない」のです。

なぜでしょうか?理由は3つ考えられます。

⓵第三者が選任される

先述のとおり、法定後見の後見人は家庭裁判所が選任します。

では誰が選ばれるのでしょうか?

実は、4人に3人の割合で第三者(弁護士・司法書士・社会福祉士など)が選ばれています。

「家族で引き受けてくれる人がいるから大丈夫」と思いますよね。

ですが、たとえご本人の身内でご本人の面倒をみる人がいたとしても、

同様に第三者が選任される可能性はあります。

つまり、法定後見の申立てを行うと、

その後裁判所に選任された見知らぬ人が訪ねてきて「財産の管理はこれから私が行います」と言って、

ご本人名義の通帳や権利証などの大切な書類を全部持っていってしまうかもしれないのです。

⓶コストが高い

2つ目はコストです。

さて、専門家が法定後見人に就任して、「タダ」で財産管理をしてくれるでしょうか?

いいえ、そんなはずはありません。

管理する財産額によって変わりますが、法定後見人の報酬は年間で24万円~72万円です※1。

例えば、ご本人の預貯金が2000万円位であれば、報酬は年間で36万円程でしょう。

ご本人が亡くなるまで、これを毎年毎年支払い続ける事になります。

10年なら360万円、20年なら720万円です。

管理する預貯金(2000万円程度)と比べて、ずいぶん重たい負担のように感じられます。

また、特別な仕事(例:不動産の売却)を行った時に発生する付随報酬というものもありますので、

実際の金額は想定より多くなることもしばしばです。

➂財産の使途に制限がある

コストだけではありません。

法定後見人が財産を管理するのは「本人のため」であり、家族のためではありません。

例えば、後見人が付くと、「家族旅行の費用」や「同居している家族のマンションの賃料」などはご本人の全額負担というわけにはいかないかもしれません。

もしも、ご本人が元気なうちに、「孫が大学に合格したら学費を出したい」「住宅用の資金を贈与したい」「毎年110万円以下の範囲で贈与したい(暦年贈与となり贈与税がかからない)」などと仰っていたとして、

その意思が認知症になった後で尊重されないとしたら、とても悲しいですよね。

⓸身寄りのない人にとってはいい面もある

とはいえ、法定後見は悪い面ばかりではありません。

後見制度が必要であるにも関わらず、ご本人やご家族が何らかの事情があって申立てができない場合に、市区町村長が申し立てることができるのです。

ちなみに、申立て数の全体のうち約21.3%が市区町村長※2となっており、その割合は増加傾向にあります。

※1http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/130131seinenkoukennintounohoshugakunomeyasu.pdf

※2http://www.courts.go.jp/vcms_lf/20190313koukengaikyou-h30.pdf

任意後見

任意後見とは

もう一つの後見制度は任意後見です。

任意後見は、ご本人が元気なうちに後に後見人となる方を事前に選び、契約を交わしておく制度です。

法定後見と違い、任意後見は後見人をご本人が選べます。

しかも、管理してもらう財産の内容や報酬にいたるまでご本人が決めることができるので、

法定後見と比べてかなり柔軟にご本人の意思を反映できます。

その代わりに、裁判所の選任した後見監督人が、後見人がご本人の財産を不正に使わないかなど監督します。

この任意後見契約をしておけば、本人の判断能力がなくなってしまっても任意後見の方が法定後見に優先しますので、

法定後見人が就くことが基本的にはできません。

なので、法定後見を防止することもできます

任意後見のデメリット

⓵監督人が就く

ただ、任意後見にもデメリットがあります。

本人の判断の力が低下して、任意後見をスタートさせると

任意後見監督人が選任されます。

この後見監督人には、法定後見と同じく、第三者が選任されます。

後見人にご家族が就いても、結局第三者(弁護士や司法書士)が口を出してくるのです。

見知らぬ人が財産管理に介入して欲しくないという想いを抱く方も多いのではないでしょうか。

⓶コスト

続いてはコスト面です。

任意後見人への報酬は自由に決められますし、決めなかった場合は無報酬となります。

しかし、後見監督人に対してはその報酬として月に1~3万円を、ご本人の財産から支払わなければいけません。

この報酬はご本人の死亡まで、必ず発生します。

⓷財産の使途

任意後見も法定後見と同じく「本人のための」財産管理を行います。

事前に結んだ契約の内容に応じた法律行為をすることができます。

例えば、自宅の売却といった行為もすることができます。

ですが、積極的な資産運用や相続税対策が契約書に明記されてあっても実現されない可能性が高いです。

親から子への住宅資金の贈与も、監督人との協議の結果によるでしょう。

家族信託

家族信託は、任意後見制度と同じく、財産の管理をご本人が信頼する人に契約に基づいて行ってもらう制度です。

ただ、家族信託は開始~終了時期まで、自ら決めることができ、財産の使途も受益者の意思に基づいて自由に設定できます。

例えば自宅の売却なども「信託の目的」に沿っていればできますし、資産運用・節税対策のために使うこと、信託の目的に適合するのであれば可能です。

関連記事:法律のプロが教える家族信託の6つのデメリット。知らずに契約してはいけない?

成年後見と家族信託は「組み合わせて」使える!

冒頭のとおり、家族信託と後見制度はどちらかを選ばなくてはいけないわけではありません。

組み合わせて使えるのです。

家族信託で後見制度を補完する

任意後見で身上保護や包括的な財産管理をカバーして、

家族信託ではより柔軟な財産管理を行います。

例えば、役所や施設などへの手続き関係は任意後見を、

収益不動産・株式の運用やご家族を支援するような使い方をしたいお金は家族信託を活用すれば、お互いのデメリットを補完しあった設計ができます。

まずは財産の使い道を考えてみましょう

もちろん、任意後見か家族信託か、どちらか片方を選ぶ場合もあります。

例えば、財産の使途がご本人の為のみなのであれば、任意後見で十分と考えるでしょう。

一方、自分の為にはもちろん、

自分の意志に基づき、家族の為にも使いたいのなら家族信託を検討するべきです。

また「絶対に第三者に介入されたくない」という事情があるのであれば、家族信託のみで対応することもあり得ます。

その場合、財産管理の監督について良く話し合う必要があるでしょう。

まとめ

それでは最後にそれぞれの制度の特徴をまとめます。

各制度の特徴

 ①法定後見
認知症になってしまった人の財産管理と身上保護を第三者に任せる。

 ②任意後見
元気なうちに後見人を自分で決めておき、後見人を監督する人は裁判所が選任する。

 ③家族信託
元気なうちに財産管理・運用を家族に任せる。

いずれの制度も、超高齢化社会において最重要とも言える認知症対策に活用できます。

なるべく早い段階で、ご家族との話し合いの場を設けたり、無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。


関連記事

サイト内検索

人気の事例

  • 財産管理を目的とした家族信託
    財産管理を目的とした家族信託
  • 死後事務を託したいので家族信託を使った事例
    死後事務を託したいので家族信託を使った事例
  • 兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用
    兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用

人気のコラム

  • 家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
    家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
  • 家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
    家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
  • どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例
    どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例