東京・新宿の司法書士による家族信託、民事信託
司法書士リーガルパートナー

  • HOME
  • >
  • 家族信託コラム
  • >
  • ボケたら「家が売れなくなる」というのは本当か?
  • ボケたら「家が売れなくなる」というのは本当か?

    2018年10月18日

    おはようございます!

    すっかり秋めいてきましたね。

    昨日はさんまの塩焼きを食べました。

    旬の食材は、やっぱりいいですね!

     

    さて、われわれ法律系の業界で旬なものといえば、

    「家族信託」です。

    昨日の日本経済新聞朝刊にも、

     

    「認知症とお金(3)父の家を売れなくなる」

     

    というタイトルで認知症と成年後見、家族信託について掲載されていました。

    この記事について、少し考えてみたいと思います。

     

    ============================

     

    「父の家を売れなくなる」

     

    タイトルとして目を引くので、

    あえてこのような表現の仕方をしているのだとは

    思いますが、正確ではない表現です。

    正確には、

     

    「合理的な理由があれば父の家を売ることができるが、

     認知症になってからの売却は成年後見制度を利用せざるを得ず、

     場合によっては売れない可能性がある。」

     

    だと思います。

     

    …。 長い! ですね。

     

    成年後見などの法制度になじみのない方に対しての説明は、

    可能な限り短く・わかりやすくしなければならないですが

    誤解を招くような表現は慎むべきであると考えます。

     

    なぜならお客様には、可能な限り正確・十分な情報をお伝えし、

    そのうえでどのような対策を実行するのかを、共に考える。

    われわれは、こんなスタンスで取り組むべきと考えるからです。

     

    ============================

     

    さて、本題に戻り、

    父が認知症になってしまった場合、家が売れないのか?

    答えは、

     

    「合理的な理由があれば、成年後見を利用したうえで、売れる。」

     

    です。

     

    財産をお持ちの方が認知症などになってしまった場合、

    法律上、契約の内容を判断する能力が無くなってしまったと考え、

    その方のした行為(例えば売買や贈与)は「無効」とします。

    ある方が認知症などになったのをいいことに、

    誰かが騙そうとしている場面を思い浮かべてください。

    認知症などの方が自由に契約をすることができたら、

    財産を奪われて大変なことになりそうですよね。

     

    そんな認知症などの方のために用意されているのが、

    成年後見制度(ここでは、事後の対応である「法定後見」をさすものとします)です。

    家庭裁判所に親族などが申し立てをし、認知症などの方の

    財産管理と身上監護(生活環境を整える)をする成年後見人を選びます。

    制度の目的は、

     

    「本人の生活と財産を守る」

     

    こと。

    成年後見人がその方の資産などを管理して、

    「守る」ことが目的です。

    裏を返せば生活・財産状況に特段の問題がなければ、

    現状維持をするということです。

    なぜなら、ご本人がどのような希望を持ってらっしゃるか

    (自宅を売ってもいいのか?孫に贈与をしたいのか? など)

    認知症が進んでしまった後に、正確に判断するのが困難だからです。

    (認知症の方が、昨日と今日で言うことが違うことはよくありますよね)

     

    例えば現金が十分にあって、この先20年間の生活費(施設利用料・医療費など)が

    問題なく支払える状況で、成年後見を利用している90歳のおじいさんがいたとします。

    このおじいさんが、自宅を売却したいと思った場合に、果たして可能でしょうか?

    おそらく、家庭裁判所から「売却の必要はない」と判断されるでしょう。

    自宅は、本人にとっての心のよりどころになっていることも多く、

    「最後は自宅の畳の上で死にたい」と考えている人だっていらっしゃいます。

    よって、「生活費が足りない」「火事で全焼した」といった

    合理的な事情がなければ、売却することは本人の生活・財産を守ることにはつながらない。

    このように家庭裁判所は考えるからです。

     

    これが、「父の家が売れない」の正体です。

    逆に、成年後見を利用した場合であっても、

    「合理的な理由」があれば売却は可能だということです。

    過度に心配をすることはありませんが、成年後見制度を利用することで、

    一定の負担も発生しますので、総合的に考慮し、家族信託を使って対策をするか、

    成年後見を利用するかをご判断ください!

     

    ↓ 成年後見を利用した場合の費用や問題については、こちら ↓

    成年後見の費用の目安

    家族信託が注目される理由 ②成年後見の問題点

    ============================

     

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

     

    【住所】
    〒160-0016
    東京都新宿区信濃町1番地2 BLISS信濃町ビル8階

    【最寄駅】
    東京メトロ 丸の内線 四谷三丁目 徒歩4分
    JR総武線 各駅停車 信濃町 徒歩5分

    【目印】
    外苑東通り沿いの青色のビルです。
    1階に 「BLISS ENGLISH」 という英会話スクールがあります。
    ビルの隣はクリーニング屋さんです。