東京・新宿の司法書士による家族信託、民事信託
司法書士リーガルパートナー

  • HOME
  • >
  • 家族信託コラム
  • >
  • 成年後見の費用の目安
  • 成年後見の費用の目安

    2018年10月17日

    いつも当サイトをご覧いただき、

    ありがとうございます!

     

    本日は、家族信託と同様、認知症などへの法律面の対応策である

    成年後見に必要な費用について考えてみたいと思います!

     

    ====================

     

    成年後見(ここでは「法定後見」を指すものとします)は、

    ざっくりいうと自分で契約などの判断ができなくなったひと

    のために、家庭裁判所に申し立てをして、

    本人のために財産の管理と生活環境を整える(身上監護)役目の

    成年後見人を選んでもらう制度です。

    成年後見人には、裁判所が認めれば、

    ご親族でも、知人でも、誰でもなることができます。

     

    現在の運用ですが、

    「平成28年9月23日付成年後見制度の現状」

    (内閣府成年後見制度利用促進委員会作成の資料)によると、

     

     

    親族が後見人に選ばれた率は、約30%

    親族以外が選ばれた率は  、約70%

     

     

    となっております。

    つまり、約70%の確率で、親族以外の専門職が

    成年後見人として家庭裁判所から選ばれるということになります。

    そして、成年後見人が専門職の場合には、報酬がかかります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上記は、東京家庭裁判所がHPに掲載している文書です。

    これによると、財産額が5000万円の場合に専門職後見人がつくと

    月々5万円かかるということになります。

    年間60万円、5年間続いた場合は300万円です。

    上記はあくまで情報に基づく推論ですが、

    一般のご家庭で、月々5万円の支払いが生じるというのは

    非常に負担が重いのではないでしょうか。

    なお、成年後見は認知症などが回復するか、ご本人が亡くなるまで止めることができません。

    (1年で終わる方も、10年続く方もいらっしゃいます。)

     

    ====================

     

    まとめると、

     

     ■ 成年後見は、約70%の確立で専門職が後見人に選ばれる

     ■ その場合、報酬の負担が発生する

     ■ 目安は5000万円の財産で月々5万円

     

    ということになります。

     

    上記を踏まえた上で、事前に家族信託で対策をするか、

    家族信託は使わず、必要になったら成年後見を

    利用するかを検討するのが良いでしょう!

     

    ====================

     

    本日は以上です!

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    【住所】
    〒160-0016
    東京都新宿区信濃町1番地2 BLISS信濃町ビル8階

    【最寄駅】
    東京メトロ 丸の内線 四谷三丁目 徒歩4分
    JR総武線 各駅停車 信濃町 徒歩5分

    【目印】
    外苑東通り沿いの青色のビルです。
    1階に 「BLISS ENGLISH」 という英会話スクールがあります。
    ビルの隣はクリーニング屋さんです。