よくある質問Question

よくある質問
Question

家族信託をする場合、推定相続人全員に知らせる必要があるのか?



必ず推定相続人全員に知らせなければいけないということはありません。

 

家族信託の契約は、委託者と受託者の二者間の契約が原則です。

よって、二者の合意があれば有効に成立します。

これが基本ですが、親の財産を子供が管理するという性質上、

例えば子供が複数いる場合は、ほかの兄弟姉妹に知らせて

置くことが一般的です。

あらぬ疑いをかけられてしまったり、

相続の時の問題の火種になりかね無いからです。

 

しかし、場合によっては委託者である親御さんが、

 

「あいつには知らせなくてよい」

 

という強い意志をお持ちの場合もあります。

その場合は、知らせずに進めることもあります。


サイト内検索

人気の事例

  • 財産管理を目的とした家族信託
    財産管理を目的とした家族信託
  • 死後事務を託したいので家族信託を使った事例
    死後事務を託したいので家族信託を使った事例
  • 兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用
    兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用

人気のコラム

  • 家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
    家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
  • 家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
    家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
  • どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例
    どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例