よくある質問Question

よくある質問
Question

信託するデメリットを教えてください。



家族信託をするデメリットは、主だったもので

 

===============

① 受託者が横領する可能性がある(大きな権限を持つので、止められない)

② 委託者が、登記など財産の名義を失うことになる(実質は受益者=所有者ですが…)

③ 新しい制度のため、法的に確定していない事項がある

  (遺留分減殺の対象になるか? や 地主の承諾が必要か? などなど)

===============

 

以上が挙げられます。

それぞれの対応ですが、

 

===============

①→受託者が心から信頼できない場合はそもそも家族信託をすべきではないかもしれません。

  また、「信託監督人」という立場の者をつけるのも一つの手段です。

②→例えば不動産の登記には、「受益者 氏名」という形で、だれが実質の所有者かが

  明記されますので、ご理解いただくほかありません。

③→現時点で確定していない事項については、可能な限り避けて家族信託の設計をすることで対応が可能です。

===============

 

歴史が浅い制度ですから、

問題がないわけではありません。

しかし、慎重に利用することで

大きなメリットも得られますので、

ご不安な点はご相談ください。


サイト内検索

人気の事例

  • 財産管理を目的とした家族信託
    財産管理を目的とした家族信託
  • 死後事務を託したいので家族信託を使った事例
    死後事務を託したいので家族信託を使った事例
  • 兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用
    兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用

人気のコラム

  • 家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
    家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
  • 家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
    家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
  • どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例
    どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例