家族信託って何 About Family trust

NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、「家族信託」が取り上げられました!

まずはこちらの動画をご覧ください。家族信託をイメージしやすくなります。

続いては、こちらをご覧ください。

「家族信託」という言葉をご存知でしょうか?

聞いたことがないという方も多くいらっしゃると思いますが、
現在、相続対策、認知症対策や事業者の方の事業承継で
非常に有効だと言われる財産管理方法が「家族信託」です。
「信託」と言えば、「投資信託」を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、家族信託は、投資信託とは全く異なり、
誰でもお使いいただける
とても身近な仕組みです。

特に、
「高齢者の方の認知症対策」に非常に有効です。

家族信託とは

財産をお持ちの方(委託者)が、自分が元気なうちに、信頼できる人(受託者)との契約によって
(制度上は遺言でも可能ですが、実際はほぼすべてが契約によります。)
財産の名義を受託者に移し、自分に代わって財産の管理や運用、場合によっては
売却などの処分を行ってもらう制度です。

財産の名義が受託者に移るため、もともとの所有者である委託者が、
例えば認知症になってしまっても、契約の中で決めた権限に基づいて、
受託者が財産の管理や処分をを行うことができます。

具体例でみてみましょう。

———————-

例えば、高齢で一人暮らしの父親が、娘と信託契約をしたとします。

目的は、父親の財産の管理を通じて不自由のない快適な暮らしを実現することです。

信託する財産は、不動産と預貯金1000万円。

娘の権限は、不動産の管理・賃貸・売却、預金は父親のために自由にすべて使えると決めました。

やがて、父親に認知症の症状が強くみられるようになってきてしまいました。

受託者となった娘は、これ以上の一人暮らしは不可能と判断し、

父親を介護施設に入所するための段取りを始めました。

預貯金が1000万円では足りないと判断した娘は、

実家である不動産を、父親から受託した権限に基づいて5000万円で売却しました。

この売却金とすでに信託された1000万円で、

父親が亡くなるまで、資産の心配はなくなりました。

めでたしめでたし…。

———————-

今までは、本人が認知症になってしまうと
資産が凍結されてしまい、
不動産の売却などを成年後見を使わずに
行うことは困難でした。

(併せて読みたい! 家族信託が注目される理由 ②成年後見の問題点

しかし、家族信託を事前に利用しておけば、

本人が認知症等になっても契約で決めた権限には影響なく
売却などを実施することができます。
これが、家族信託の最大のメリットであり、仕組みです。

———————-

上記のように、家族信託を利用すれば

ご両親が認知症などになってしまったとしても

ご両親のために財産の活用を続けることができ、

 

「財産の事で悩まない、ご両親のケアに専念できる環境」

 

を整えることができます。

福祉型家族信託とは・・・

近年、家族信託の普及に伴い、
士業事務所・金融機関・不動産会社・保険会社など
さまざまな組織が家族信託に関するサービスを提供しています。
その中には「相続税対策」「共有対策」「遺産分割対策」
といった「対策ありき」で、ご本人の想いや希望といった
本人のしあわせを中心に考えるという「福祉」の観点を置き去りにしてしまっているものもあるように思います。


弊所が提供させていただく「福祉型の家族信託」とは
ご本人の想いや希望を中心とした、
ご本人とご家族の「しあわせ(福祉)」を
大事にした家族信託です。

家族信託のご提案を通して、
認知症/病気/障がい/があっても安心してくらせる
環境作りのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

具体的な福祉型家族信託の活用方法)

  • 1、家族に迷惑をかけずに介護施設にはいりたい
    →家族に財産を家族信託して運用してもらうことで
    認知症等により意思確認が困難となり
    意思無能力者となった場合にでも
    本人の財産運用が凍結されてしまうことなく
    介護施設に係る費用を捻出してもらうことができます
  • 2、子供に障がいがあり、自分の死んだあと、他の兄弟や親戚に
    障がいのある子供の生活を守っていってほしい。
    →二次受益者が障がいのあるお子さんになるような
    信託を設計することで、信託した財産を障がいのある
    お子様のために、障がいのないご兄弟やご親戚の方が
    管理する仕組みを創ることが出来ます。

以上のような福祉型の家族信託を、お客様の想いや希望を中心に
法律系国家資格を有する司法書士、家族信託専門士・家族信託コーディネーターによる高品質の「専門的な生前対策コンサルティングサービス」を提供させていただきます。


さらに、私どもでは介護施設を無料にてご紹介するサービスも併せて行っております。これは、介護施設に関する専門知識を有するプランナーが、お客様のご希望に応じた最適な施設をご提案するというサービスです。生前対策と併せて介護施設をお探しのお客様は、ぜひご相談くださいませ。お客様に費用は一切かかりません。

ただの法律上の対策だけではなく、
しあわせに暮らす環境をご提供したい。
そのような想いでお仕事をさせていただきます。
まずは、無料相談にお越しください。

 

当事務所は、

☆ お客様のご家庭では家族信託をどのように使えそうか?

☆ 費用はいくらぐらいかかるか?

☆ 期間はどれくらいでできるか?

☆ そのほか、法律面で見落としている問題はないか?

☆ 相続税はどのくらいかかりそうか? ※パートナー税理士と連携

について

無料にてご提案書をお作りしています!

まずはこのHPから無料の相談へお申し込みください!

提案書をご覧いただき、ご依頼いただくかは
お客様の自由です。しつこい営業などは致しません。

また、料金をお知りになりたいお客様は

より概算を確認することができますので
是非ご利用くださいませ^^

お気軽にお電話またはホームページよりお問い合わせくださいませ
お待ちしております^^

家族信託の重要用語

家族信託は、ある人の財産を、
信頼できる人に管理を託す方法です。
そこで、これらの人たちを、「委託者」、「受託者」、「受益者」と呼びます。
よく出てくる言葉ですので、おさえておきましょう

==============================

 

  • 委託者:財産を持ち、託す人です。この人が、
    「財産をどのようにしたいか」で家族信託契約の内容が決まります。
  • 受託者:委託者の財産を託される人です。
    委託者の意向を反映させるために、実際に管理・処分を行っていくのが受託者です。
  • 委託者の意向を反映させるために、実際に管理・処分を行っていくのが受託者です。
    原則として、委託者が受益者になります(そうしないと、贈与税が課税されます)。
  • 受益権:信託した財産から得られる利益をもらえる権利。
    自宅を信託した場合では、住む権利や、売却金を使用する権利など
    アパートを信託した場合では、家賃収入や売却金を受領・使用する権利など

 

==============================

家族信託の無料相談受付中

家族信託

家族信託とは

家族信託とは

「家族信託」という言葉をご存知でしょうか? 聞いたことがないという方も多くいらっしゃると思いますが、 現在、相続対策、認...
成年後見と家族信託の違い

成年後見と家族信託の違い

成年後見も家族信託も、認知症に備えた財産管理の仕組みです。 一方、成年後見に比べて家族信託は、より柔軟で長期にわたった本...
遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い

遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い

「遺言」と「信託」のつく言葉がいくつかあります。同じ言葉でも意味が異なるものもありますので、ここで、遺言と遺言代用信託、...
財産管理委任契約と家族信託の違い

財産管理委任契約と家族信託の違い

財産管理委任契約と家族信託は、似た働きを持っています。 たとえば、父親の不動産を息子が売却をするというケースで、父親は息...
信託ができる財産

信託ができる財産

委託者(財産を保有する人)が受託者(財産の管理・処分を託される人)に託す財産を「信託財産」と言います。 信託ができる財産...
家族信託必要度チェック

家族信託必要度チェック

下記に当てはまる方は、特に家族信託を検討されることをおすすめするお客様です。 認知症に対する不安がある方・・・ ① 自分...
各業種向け家族信託、民事信託サービス

各業種向け家族信託、民事信託サービス

介護施設向け 不動産会社向け 税理士向け 金融機関向け 介護施設向け 不動産会社で活用できる家族信託 不動産会社様が家族...
家族信託活用の無料診断

家族信託活用の無料診断

そもそも家族信託ってなに??という方はこちら 家族信託の活用ってどうやるの?? 実践的例や活用ガイドはこちら!! 家族信...
我々が家族信託をおすすめする理由

我々が家族信託をおすすめする理由

拝啓 大切なお客様へ 35年前、桜が咲き始めた美しいある日の午後のことでした。 2人の若者が同じ大学を卒業しました。 こ...