信託ができる財産

委託者(財産を保有する人)が受託者(財産の管理・処分を託される人)に託す財産を「信託財産」と言います。

信託ができる財産

信託ができる財産の種類には制限がなく、
「分離可能な特定できる財産」であれば、幅広い財産を信託することが可能です。
例えば、以下のような財産が代表的です。

① 金銭
② 有価証券(上場株式、非上場株式、国債など)
③ 金銭債権(請求権、将来債権、貸付債権、リース・クレジット債権など)
④ 動産(ペットなど)
⑤ 土地、建物(不動産所有権など)
⑥ 知的財産権(特許権、著作権など)

法律と現実の差

上記のように、財産的な価値があり、分離特定できるものであれば
法律上は信託することができます。
しかし、現実に信託の対象として実践されているのは、
主に以下の財産です。

① 金銭
② 土地、建物(不動産所有権など)
③ 未上場株式

例えば、上場株式。法律上は信託の対象となりますが、
現実には、ほとんどすべての証券会社が家族信託に対応をしておらず
家族信託の対象にする場合は一度現金化してから
信託するという対応が行われています。
上場株式に代表されるように、
家族信託の制度が日が浅いがゆえに、
法律上は信託可能な財産も、現実には
信託することができないという現象が起きています。
お金や不動産、未上場株式以外を信託なさりたい場合は、
ご希望に沿えない可能性もございますので、ご承知おきください。

家族信託の無料相談受付中

家族信託について

  • 【家族信託とは?】<br>図解と動画でわかる<br>基本から活用方法まで
    【家族信託とは?】
    図解と動画でわかる
    基本から活用方法まで
  • 成年後見と家族信託の違い
    成年後見と家族信託の違い
  • 遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い
    遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い
  • 財産管理委任契約と家族信託の違い
    財産管理委任契約と家族信託の違い
  • 信託ができる財産
    信託ができる財産
  • 家族信託必要度チェック
    家族信託必要度チェック
  • 各業種向け家族信託、民事信託サービス
    各業種向け家族信託、民事信託サービス
  • 我々が家族信託をおすすめする理由
    我々が家族信託をおすすめする理由