よくある質問Question

よくある質問
Question

受託者が、受託者自身に贈与をしてもいいでしょうか?



受託者が自分自身に信託財産を贈与をすることは、原則としてできません。

 

受託者は、信託財産を管理する大きな権限を持ちます。

そのため、自分勝手な行為をしないように。

 

「利益相反行為の制限」

 

という信託法上の規定で縛られています。(信託法第31条)

要するに、信託財産の不利益と自分の利益が

相反する行動をとれないという決まりです。

細かく言えば、抜け道がなくはないのですが…

こちらでは割愛します。

 


サイト内検索

人気の事例

  • 財産管理を目的とした家族信託
    財産管理を目的とした家族信託
  • 死後事務を託したいので家族信託を使った事例
    死後事務を託したいので家族信託を使った事例
  • 兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用
    兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用

人気のコラム

  • 家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
    家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
  • 家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
    家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
  • どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例
    どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例