よくある質問Question

よくある質問
Question

受託者が行う業務を教えてください



受託者は、信託の期間中随時

 

 ① 信託財産に関する帳簿

 ② 財産状況開示資料

 

を作成し、毎年一度受益者に報告をする義務があります。

上記の表現は、どちらかというと信託銀行などのビジネス用で、

個人間での家族信託では、

 

 ①は財産の一覧表

 ②は出納帳や銀行通帳

 

で十分です。

 

また、毎年一度(原則1月31日まで)、

「信託の計算書」とその「合計表」を

税務署に提出します。

ただし、信託財産が3万円以上の収益を生まない場合は、

税務署への提出義務はありません。

 

以上をまとめると

 

★ 受託者は、財産の一覧と銀行口座の出し入れを明確に記録する

★ 3万円以上の収益を生む信託財産がある場合だけは、税務署への申告が必要

 

ということになります。


サイト内検索

人気の事例

  • 財産管理を目的とした家族信託
    財産管理を目的とした家族信託
  • 死後事務を託したいので家族信託を使った事例
    死後事務を託したいので家族信託を使った事例
  • 兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用
    兄弟で経営している自社の事業承継に家族信託を活用

人気のコラム

  • 家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
    家族信託のプロが不動産投資家に家族会議をおすすめする理由
  • 家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
    家族信託のこと、初めて相談するならどこがいいのか?
  • どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例
    どこが悪かった?口約束と遺言書の制度が生んだ失敗事例